土地だけを貸すということはどんな場合にもメリットがあります。ですから、まずは貸せていることは素晴らしいといえます。そうしたところが借地権が設定されることにある底地にはあります。しかし、底地というのは、相続した時に大変なことになるでしょうが、それでも地道に利益があるのであればそれは問題ないことになるでしょう。底地であればそこに住んでいる借地権を持っている人がいるわけですから、売ることができる場合もあります。それは間違いないことになるでしょう。土地というのは、しっかりと活用できているのであれば問題はないことでしょう。底地であろうとも利用できているのであれば、問題ないこともあります。建物があり、借地権者がいる、というのはなかなか面倒なことではありますが、それでも十分にメリットがあることになります。まったく利用されていないことよりもはるかによいという状況であるのは確かといえるのは間違いないでしょう。http://www.sandcastle-i.co/campaign.html